2019年8月26日月曜日

華村灰太郎カルテットのレコーディングライヴ @ CLOP CLOP

今週末、来たる8/31土 20:00〜西荻窪CLOP CLOPにて行われる、(インプロ・フォークロックバンドとでも呼べばいいのか)異形の4人組「華村灰太郎カルテット」のワンマン・ライヴへムジーク・スタッフ一同が出向きますっ


華村灰太郎カルテット!

灰太郎:うたギター 
今福知己:フェンダージャズベース
つの犬:ドラムス 
高岡大祐:チューバ

マルチエフェクトに通したアコギで、エレキギター的アプローチのフォークギター弾き語りシンガーソングライター 灰太郎。独創的な変拍子リフに代表される(リズムを取りにくそうで、なぜか取りやすい)自身のフォーク&ロック的な楽曲を、本能の赴くままギターを搔き鳴らし、シャウトするため、リスナーはおろか、メンバーや当の本人までも着地点が見えずハチャメチャで粗削りなSSW。これがなぜだか、やたらとかカッコいいんです(褒め言葉のつもり)。

この灰太郎がリーダーで4人編成のグループが「華村灰太郎カルテット」です。ギター、ベース、ドラム、そしてチューバという一風変わった組み合わせですが、揺れ動く灰太郎のパフォーマンスを凄腕3人衆(今福知己b つの犬ds 高岡大祐tuba)が寄り添ったり煽ったりしつつ、ジャムバンド的なインプロヴィゼーションで事も無げに包み込むのを目の当たりにすると、この編成は必然だったのかもと思わされる絶妙なカルテットなんです。ホンマにかっこいいんですよ〜


▲このカルテット、恐ろしいまでに映像がなかったので仕方なく、前身となるトリオ編成時代のを貼ります。6年も前のですが、、、

昨年2018年のライヴレポートですごく素敵なページ、東京湾ホエールズさんの「SPECIAL REPORT!! - 華村灰太郎カルテット -」を発見。ムジーク・ロック店長の拙いテキストより、よっぽど読み応えのあるページなので一度ご覧ください。カルテットのかっこよさを写真とテキストで綴ってくれてます!

JR中央線西荻窪駅から徒歩2分の好立地、CLOP CLOPでのライヴは8/31土 19時開場 20時開演、チャージはなんと1,000円という出血ぶり。当日はライヴレコーディングをおこなうとあって、メンバー各人とも気合が入ってます(たぶん)。うまく録れたら、是非形にしたいですね!

みなさま是非ご来場くださいませ〜っ!